So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

生駒山上遊園地 [風景]

日画の写生会で生駒山上遊園地へ。
大阪と奈良を隔てる生駒山は大阪市内から最も近い山で、私も数えきれないほど行きましたが、山上の遊園地を訪れるのは今回が初めてです。
遊園地を描くのも初めてということで、せっかくなので自然の景色ではなく、メリーゴーランドをからめた遊園地の雰囲気を表現してみました。
それにしても、動いている遊具を描くのは実にやっかいでした。


「生駒山上遊園地」 F8号
生駒山上遊園地.jpg
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

舞妓さん(3) [人物]

別件で以前の絵から数点を選ぶ作業をしていると、描き貯めた絵の中から舞妓さんのデッサンが2枚出てきました。
何年か前に「舞妓さんを描く」講習会に参加したときに数枚デッサンしており、すでに2枚は作品として仕上げましたが、その後、残りがあるのをすっかり忘れていた。
あらためてデッサンを眺めているうちに、色を付けたらどうかという気持ちが湧いてきたので、とりあえず1枚仕上げることに。

実は鉛筆の下書きで終わっている絵はほかに何枚もあるのですが、ほとんどはそれを描いた時の熱意が再現せず、そのままになっています。


「舞妓さん(3)」 F6号
舞妓さん(3).jpg


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

明日香村 東山5 [風景]

梅雨の晴れ間、明日香村に行きました。
場所は万葉文化館のすぐ近くで、向こうに見える民家群は東山の集落。
(余談ですが、令和になって万葉文化館の来客が急激に増え、この日も大きな駐車場が満杯で入りきらないほどでした)

構図を決めるにあたっては、目の前の邪魔な水路関連の建屋をカット。
また手前の空き地は雑草が伸びていたので、田んぼの稲らしきものに変えました。


「明日香村 東山5」 F6号
明日香村 東山5.jpg

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タリンの街角 [風景]

エストニアの首都タリンでの、ちょっとした街角の風景2点です。
1枚目は繁華街からかつてタリンの支配層が住んでいたトームペア城に登る急坂を見上げたもの。
2枚目は城壁近くのレストランに行ったときに通りかかったちょっとメルヘンチックな民家。

このレストランの庭には数体の胸像があって、そのうちの一つがどういうわけか、名優のショーン・コネリーでした。
像の銘板にはちゃんとナイトを意味する「Sir」の称号が付いていましたが、その割りには似てなくて、ますます意味不明でした。


「タリン16」 F2号     「タリン17」 F2号
タリン16.jpgタリン17.jpg





nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラ・マンチャの家その3 [風景]

これも昔のスペイン旅行の写真から、セルバンテスの小説「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」の舞台となったラ・マンチャ地方での風景。
この家の絵はこれが3枚目で、以前の2枚は左後ろの窓の部分だけでしたが、今回はその前にあった古い荷車も入れて描きました。
荷車をどの程度描き込めばいいのかを決めかねて、先延ばししていた構図です。


「ラ・マンチャの家Ⅲ」 F4号
ラ・マンチャの家3.jpg



nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -