So-net無料ブログ作成
検索選択

中之島バラ園 [風景]

「花と水彩画コラボ展」が先週末で終了いたしました。
この場を借りて、ご来場くださいました方々に厚くお礼申しあげます。

無事に終わってホッとすると同時に、多くの方に好意的な評価をいただきまして、感激しております。
これからもさらに精進して、いい絵を描いていきたいと思います。


「花と水彩画コラボ展」(クリックで拡大)
花と水彩画コラボ展.jpg


ところで今回の絵は大阪市中之島公園のバラ園に入る入口付近。
日陰があったのでこの場所で描いたわけですが、目の前に見えるのは白いバラ。
透明水彩の場合、白い花は技術的にも、絵の華やかさという点でも難しいですね。


「中之島バラ園」 F8号
中之島バラ園.jpg

鶴見緑地(その3) [風景]

「花と水彩画コラボ展」の最中ですが、前々から約束していたグループいちょうの方々とのスケッチ会があるので、写生地である鶴見緑地に行きました。
園内に田んぼの景色を再現しているエリアがあり、嘘でも水を入れたかったのですが、時間の関係で演出する余裕がなく、そのまま描きました。


「鶴見緑地Ⅲ」 F6号
鶴見緑地Ⅲ.jpg

鞆の浦(その6) [風景]

このところ雑用が多く、またそのために出かけることも多いので、絵を描く頻度が落ちています。
そんなわけで、少しの合間を見つけて小さな絵を描きました。
できれば今の季節に合う絵を、と思って過去の写真を物色していたら、2年前に日画の一泊写生会で行った鞆の浦のものがありました。
泊りの翌朝早くスケッチをしようと出かけたときの景色で、まだ朝焼けの色が残っています。

ところで雑用が多いのは、一つには個展が間近になったせいもあります。
「花と水彩画のコラボ展」は谷町6丁目のギャラリーそらで5月7日(日)から13日(土)まで開催しますので、ご来場賜れば幸いに存じます。
時間・道順等、詳しくは下記をご参照ください。


「鞆の浦Ⅵ」 F3号
鞆の浦Ⅵ.jpg


※「花と水彩画展」の案内 (クリックで拡大)
img106.jpg

img108.jpg

三重 雲出川 [風景]

三重県の木材の町、美杉町を発し、津市を通って伊勢湾に注ぐ雲出川(くもずがわ)。
この絵の場所は家城(いえき)のあたりで、河原から上流を見た風景。
(以前、同じ場所から、河原の奇岩群を入れて、下流を見た眺めを描いたことがあります)

このあたりは川幅が広く、ゆったりしたのどかな景色が広がります。
目の前を、ガードレールもない、車1台がやっと通れる道幅の橋がわたっています。
慣れていないと、この道を車で通るのはちょっと怖いですね。


「雲出川」 F6号
雲出川(4).jpg

明日香村 豊浦 [風景]

「豊浦」は甘樫の丘のある辺り。丘の西には豊浦寺跡があります。
今回の絵は丘の北のふもとで、展望台への登り口のあたりの眺めです。

日本家屋や畑、未舗装の細い路。家の周りに木々が植わって、明日香村内ならどこにでもありそうな、標準的な眺めかもしれません。

明日香村では昭和の乱開発が盛んな時期に、万葉学者の故犬養孝さんたちが尽力し、明日香村だけに適用される特別法「明日香法」の制定にこぎつけ、景観を守ったといういきさつがあります。
住民は非常に不自由になってしまったのですが、その理解と努力のおかげで、描きたくなる美しい風景に出会えるわけですね。
実にありがたいことです。


「明日香村 豊浦」 F3号
明日香村 豊浦.jpg