So-net無料ブログ作成

竜田川Ⅱ [風景]

大神神社(おおみわじんじゃ)での歴史講座を聴きに行った道すがら、たまたま奈良県の案内所があったので立ち寄りました。
中にはいろいろと県内各地域のリーフレット類が置いてあり、その中で平群町(へぐりちょう)の「自然と歴史 ロマンの町 へぐり」という美しいパンフが目にとまり、他の何枚かとともにもらっておくことに。
家に帰ってゆっくりなかを見ると、スケッチに良さそうな場所の写真がいくつも載っています。

ということで、天気もいいので平群町に写生に行きました。
しかし実際に写真の場所に行くと、絵を描くには今一つという感じで、辺りを少し歩き回って、結局写真とは別の場所を描くことになりました。

この絵の場所は竜田川が滝になっていて、すぐ近くを近鉄生駒線の鉄橋が渡っています。
滝はそれほど大きくないのですが、水量があるので近くで見ると荒々しくて結構迫力がありました。
橋脚の幅が無駄に広いですが、当初は複線にする計画だったのでしょうか。


「竜田川Ⅱ」 F6号
竜田川Ⅱ.jpg
nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大津港 [風景]

日画の写生会で滋賀県大津市の大津港に行きました。
琵琶湖の遊覧船が発着する浜大津のあたりは湖岸の公園になっていて、秋の穏やかな天気の日曜日とあって、家族連れで賑わっていました。

岩を積んだ湖岸は水際まで行くことができ、何人もルアー釣りをしていました。
もとから琵琶湖にいたフナなどを捕食する、外来種のブラックバスが釣れるそうです。


「大津港」 F8号
大津港.jpg
nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タリン(10) [風景]

タリンの風景が続きますが、今回は教会の塔の上からから街を見下ろした眺めです。(構図の納まりがいいように実際とは変えています)
ヨーロッパの旧市街の赤屋根を上から見下ろす構図は、言わば定番。ごくありきたりながら、私は好きです。

写真ではわかりにくいですが、絵は未完成です。
どう仕上げていくか迷っていて、この先どうなるかわからない(完成しないかもしれない)ので、とりあえず一旦アップします。


「タリン(10)」 F30号
タリン(10).jpg

nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タリン(9) [風景]

前回に続いてタリンの旧市街の街並みから。
何ということもない家の入口あたりの眺めですが、窓やドアの配置や形、壁を含めた色の組み合わせが面白く、絵画的な美しさを感じました。
写実的な描き方ですが、色と形を楽しむという考え方は抽象画に通じるものがあるような気がします。


「タリン(9)」 F3号
タリン(9).jpg



nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タリン(8) [風景]

我ながら飽き性と自覚するのですが、日本の風景を描くと、また外国の風景が描きたくなります。
そんなわけでまた昔行った旅行の写真を見直して、ここ数日で何枚か描きました。

日本では道が二つに分かれる角にお地蔵さんや道祖神の祠があったりするのですが、エストニアの首都タリンの旧市街でも道が分岐するところにお堂のような小さな建物がありました。
聖母像か何かが安置されているような雰囲気でしたが、私は街の風景ばかり見ていて、それが何か確かめませんでした。
こうして描くのなら、確かめておけばよかったと思います。


「タリン(8)」 F2号
タリン(8).jpg


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー