So-net無料ブログ作成

竜田川 [風景]

今朝も家に居るのがもったいないような快晴。
明日の日画の写生会はどうも雨で中止になりそうなので、2日連続になりますが、急きょスケッチに出かけました。

場所は竜田川公園。
百人一首の歌、
   「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」(在原業平)
で有名ですね。

行ってみるとちょうどもみじ祭りをやっていて、出店やバザーが並び、大勢の人が押しかけていましたが、意外にも肝心の紅葉が今一つ。
葉先が強く色づいている木も多いものの、全体にまだ青々とした木のほうがたくさんあって、少し季節が戻ったような感じでした。

ところで、このところ川の絵が続いているので、今回は少し趣向を変え、山の斜面から川を見下ろしたアングルにしてみました。


「竜田川」 F8号
竜田川.jpg

久宝寺緑地(4) [風景]

昨日、東京は11月だというのに雪が積もって、昼間の気温も0度近くて真冬以上の寒さ。大阪も東京ほどではないものの、結構冷え込みました。
今年は野外スケッチの快適な季節はそろそろ終わりのようです。

一夜明けた今日は陽ざしがあって比較的穏やかな天気。
そこで落葉樹の葉っぱが散ってしまわないうちにと、昼食を食べ終わるなり、いそいそと近所の公園にスケッチに行きました。
目的地はいつもの散歩コースの久宝寺緑地です。

こうした緑地公園は描く対象が木々ばかりだと絵になりにくく、何かアクセントになるものが欲しい。
というわけで、乗ってきた自転車を入れてみました。


「久宝寺緑地(4)」 F6号
久宝寺緑地(4).jpg

鴨川(2) [風景]

今回の日画の写生会は祇園白川周辺。
私はこの辺りでは白川に架かる巽橋周辺や高瀬川などですでに何枚も描いたので、この日は鴨川の河原から北山のほうに向かって描きました。

水のある風景に絵心がくすぐられる、と書いたとたん、期せずして川シリーズになってしまいました。
我ながらわずか5日ほどの間に奈良、三重、京都と3府県にまたがって描くとは思いませんでした。


「鴨川」(2) F8号
鴨川(2).jpg

雲出川 秋 [風景]

やはり今年の紅葉はきれいですね。
紅葉の名所でもない普通の山なのに、常緑樹の濃緑、うす緑、黄色、オレンジ、赤と色とりどりのパッチワークになって、目を楽しませてくれます。

今回の絵は三重県の雲出川のやや上流で、美杉町のあたり。
このあたりの唯一の鉄道であるJR名松線は単線でしかも架線のない1両編成。
雲出川沿いに通っていて、川がくねくねと曲がっているので、途中いくつも鉄橋があります。
7年ほど前の台風でこの辺りはずっと不通になっていましたが、やっと今年になって復旧しました。


「雲出川 秋」 F8号
雲出川 秋.jpg

明日香川 [風景]

明日香川の、甘樫の丘のふもとを通る辺りに河原に降りられる場所があり、そこでスケッチをしました。

例年だと紅葉はまず桜あたりから始まって、ケヤキ、いちょうというように順に色づき、モミジのころには桜の葉はすでに散ってしまうようです。
ところが今年は先週一気に冷え込んだので、どの木も一斉に色づいて、さまざまな木の紅葉・黄葉を同時に眺めることができます。
ちょっと得をした気分ですね。

ところでこの河原に降りてあらためて思うに、私はいろんな風景に興味があるのですが、中でも水のある風景には特に絵心がくすぐられるようです。


「明日香川」 F8号
飛鳥川 秋.jpg