So-net無料ブログ作成
検索選択

東大寺 [風景]

雨天中止や旅行で抜けたので、約1カ月ぶりの日画の写生会になりました。
場所は東大寺
東大寺へは数えきれないほど行っており、スケッチも5回以上したように思います。

今までに何度も行っただけに、すでに描いた場所や似たようなアングルを避けて、新しい構図を探そうとしました。
1時間以上も境内をぐるぐると歩き回りました。
しかしなかなかいい構図を見つけることができず、結局何気ない境内の風景に鹿を入れることで東大寺らしさ(奈良らしさ)を出すことにしました。

でも都合よく鹿がいるはずもありません。
近くを通り過ぎた一匹の鹿をしっかりと目に焼き付けておいて、記憶だけを頼りに絵の中に入れたので、たぶん形が変だと思います。


「東大寺境内」(その3) F8号
東大寺境内Ⅲ.jpg


彼岸花 [その他]

例によって、明日香村に行ったついでに軽くスケッチ

稲渕ではちょうど「案山子コンテスト」をやっていて、大勢の見物客がきていました。
棚田のあぜのあちらこちらに立てられた案山子は今年のリオ・オリンピックにちなんで柔道選手やシンクロナイズドスイミング選手の扮装をしたものがあったりして、のどかで微笑ましいものでした。

今が盛りの彼岸花をアップで描こうと思って近づいて見ると、昨日の台風の影響で多くが倒れている。
しかしぐるっと見渡すと中には倒れていないものもありました。
でもやはり風のせいか、ちょっと茎があちこち向いて花がばらばらになり、群生する彼岸花らしさがやや損なわれている感じもします。


「彼岸花」 F4号
彼岸花.jpg

ワイキキ(続き) [風景]

ホノルルには鉄道がなく、その代わり市内は路線バスやトロリー(外観が市電ふうな路線バス)が充実しています。
しかし私のような旅行者にとっては、どのバスに乗ってどの停留所で降りたらいいのかわからないので、ガイドブックに載っているような施設やレストランに路線バスを使って行くのは至難の業です。

英語ができれば人に尋ねて済むことですが、なにしろ私らの世代の英語の先生の発音はいわゆる「日本語英語」。(たとえば水「water」を「ウォーター」と発音 → 外人には通じない)
中学・高校と英語の授業を受けましたが、そもそも先生の発音がムチャクチャなんですから、当然こちらもヒアリングと発音は全然だめ。
ですから外人と会話しようとしても、お互い何を言っているのかさっぱりわかりません。

そんなことで、ホノルルでも現地の日本人の方に目的地までのバス路線を教えてもらった以外は、迷子にならないよう、ホテルの近くを歩いただけでした。

(9/23 追記)私のころの中学・高校の先生の多くは先の戦争前後に成人した方たちで、学生時代にまともな英語教育を受ける機会はほとんどありませんでした。発音ができないのは時代のせいと言えるでしょう。より恵まれた時代に育っった私が、自分の勉強不足を棚に上げて先生のせいにするのは間違いですね。反省。)


「ワイキキビーチ」(2) F3号
ワイキキビーチ(2).jpg

ワイキキ [風景]

つい最近ハワイに初めて行く機会がありました。
第一印象は、ありきたりですが常夏の島で気候が良いこと。
でも大阪の夏よりも湿度が高くない点、過ごしやすいですが、それでも一旦風がとまると、じりじりと焼きつくような太陽の強さはさすがに半端じゃないですね。

ハワイで私が一番気に入ったのはラフな格好で出歩くことができることです。
日本では私のようないい年をしたおっさんTシャツ・半パンで出かけると、近所のおっさんか、無理に若づくりをしている勘違いおやじみたいですが、ハワイでは老若男女、みんなそういう格好ですから、むしろそのほうが町に溶け込んで目立たないです。
日本の蒸し暑さなら本当はラフな格好のほうが合理的なんでしょうけど、私の年代だとやはり少し気が引けますね。

ところで今回の絵はワイキキビーチの西端あたりです。


「ワイキキビーチ」(1) F3号
ワイキキビーチ(1).jpg


久米寺 [風景]

万葉文化館友の会の秋のスケッチ会に参加し、奈良県橿原市の久米寺に行きました。
「久米の仙人ゆかりのお寺」ということなんですが、久米の仙人といえば、雲に乗っていて女性の太ももを見て惑わされ、落っこちてしまった、という情けない話しか知らないので、そんな精神修養の未熟な仙人にゆかりのお寺が存在することが不思議でした。

でも気になって調べてみると、本当の由来は聖徳太子の弟、来目(くめ)皇子の創建したお寺だから。
この地が久米村であり、この地の伝説の仙人が久米仙人というわけで、これで「久米仙人ゆかりの寺」とは言うのはちょっと無理があるようですね。
ちなみに久米寺のある場所は橿原神宮の近鉄線を挟んで隣です。

ところで、長らくブログ更新をサボってしまいました。
いろいろと忙しかったこともありますが、このところどうも気分が乗らず、ずっと絵を描いていませんでした。
原因は日曜画家展を見て、良い絵とはどういう絵か、ということについて、わけがわからなくなってしまったことです。(あくまで個人の感想です)
自分の好きな画家の画集でも見て、頭の中を一度リセットしたほうが良さそうですね。

またいい季節になってきたので、ぼちぼちエンジンもかかってくるだろうとのんびり構えております。


「久米寺」(1) P6号
久米寺(1).jpg


「久米寺」(2) F6号
久米寺(2).jpg