So-net無料ブログ作成

奥津(おきつ)宿 [風景]

三重県のローカル線であるJR名松線の終点、奥津(おきつ)駅は伊勢本街道の奥津宿のあったところ。
江戸時代に何軒もあった宿屋はすでになくなりましたが、今も古くて大きな民家が残っています。
もう宿場町の風情はあまりなくて、昔からの山村か農村、といった感じですが、よく見ると民家の屋根の軒先が大きく張り出していたり、2階の欄干が出ていたりといった、宿屋らしい造りを見つけることができ、昔の人はこうした宿で泊ったんだなと、想像力がかきたてられます。

余談ですが、「名松線」というのは三重県の名張と松阪を結ぶ計画だったので、この名がつけられたそうです。

今回は奥津宿の絵を2枚、同じく三重県内のある施設の小さな水門の絵を1枚、計3枚のアップです。


「奥津宿Ⅰ」 F6号
奥津宿Ⅰ.jpg


「奥津宿Ⅱ」 F6号
奥津宿Ⅱ.jpg


「小さな水門」 F4号
小さな水門.jpg
nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 6

mamii

どの絵もお上手に描かれましたね。
by mamii (2017-06-16 21:27) 

裕々

mamiiさん ありがとうございます。
この時期にしては雨が降らなくてありがたいのですが、晴れなら晴れで場所探しが大変ですね。
良い景色が見える場所はたいてい日陰がありません。
by 裕々 (2017-06-17 06:32) 

koto

昔は栄えてたんでしょうね。

by koto (2017-06-17 19:36) 

裕々

伊勢本街道というからには、大阪以西の人がお伊勢参りをするときのメインルートなので、結構にぎわっていたのでしょうね。

by 裕々 (2017-06-17 21:34) 

クッキー

奥津にはこんな素敵な街並みが有るのですね ヽ(^o^)丿
名松線は台風で被害が有り、暫くバス代行でしたが、もう回復して
全線運行しているのですね、たしか町村合併で「津市」に奥津も
なっていた記憶が???
赤字路線ですが地域住民には必要な路線ですよね。

by クッキー (2017-06-22 16:03) 

裕々

クッキーさん 名松線は家城―伊勢奥津間が5年ほど不通になっていましたが、昨年開通しました。
ローカル色たっぷりの鉄道で、(こんなことを書くと地元の方に叱られそうですが)絵描きが好みそうな古い無人駅も多かったのですが、復旧工事にともなってほとんど新しくなってしまいました。
by 裕々 (2017-06-22 16:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0