So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

明日香村 小原Ⅲ [風景]

例によって明日香村に行ったついでに、小さな絵を1枚ばかり。

小原地区に建つかや葺きの家。
果樹園の梅(?)はまだ咲いていませんでしたが、つぼみが膨らんできたようで、枝がほんのり明るい色に。
春が近いと感じました。


「明日香村 小原Ⅲ」 B5
明日香村 小原Ⅲ.jpg

nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

長居植物園(その5) [風景]

長居植物園はもう何度も行きましたが、大阪市内の公園では「花の博覧会」の跡地の鶴見緑地と並ぶ、野外スケッチの好適地です。

この日、新しいスケッチポイントを探して一番奥の小さな池まで行くと、風もなくて水面は鏡のよう。
ところが、この鏡のような水面を描いてやろうと思って描きだしたら、すぐ目の前の水面が突然「バシャバシャッ、ブクブク」と泡立って、波紋が起こりました。
一瞬、大きな鯉が暴れた、と思ったのですが、実はこれ、水中にポンプの吐水口があって、水を出し始めたことによるものでした。
公園内には大きな池や小川もありますが、どうやらこの小さな池が水源のようです。

鏡のような水面もいいですが、多少波立っているのも味わいがあるので、結果オーライで描きました。


「長居植物園(5)」 F8号
長居植物園5.jpg

nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

富田林 寺内町 [風景]

2週間ぶりの野外スケッチは日画の写生会で、富田林市の寺内町に行きました。

リーフレットによると、永禄初年(1558年)ごろ、興正寺が土地を買って、近隣4か村の庄屋8人に別院の建立と町割を要請したのが始まりとあります。
早くから自治的都市特権を得て、町政の運営には年寄役となった8人があたりました。

今回の絵はその興正寺別院の鼓楼と山門。(山門はかなり古いもので、鼓楼とは瓦の色が違います)
前の道は日本の道百選に選ばれています。

この日はときおり強い季節風が吹いて、イーゼルは倒れるわ、筆洗いはひっくり返るわで、気が散って難儀しました。


「富田林 興正寺別院」 F8号
富田林 興正寺別院.jpg
nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雪の伊吹山 [風景]

日画のバス写生会で雪の伊吹山を描きました。
通称「雪バス」。
雪の悪路の中をスケッチポイントまでバスで連れて行ってくれるのは、私のようなタイヤチェーンも付けたことのない人間には本当にありがたいです。
ちなみに、通常の写生会は日画の会員でなくても体験参加できますが、日帰りバスは会員だけの特典です。

このところの寒波で雪はたっぷり。
雪の伊吹山が描けると思うと嬉しくて、普段は8号くらいの絵を描きますが、今回は思いきって15号の大きな紙で描きました。
構図はあまり凝らず、素直に伊吹山をどっしりと置きました。
手前の三島池が凍っていました。


「雪の伊吹山」  P15号
雪の伊吹山.jpg
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鶴見緑地(その4) [風景]

1年でもっとも寒い時期になりましたが、この日は風もなく、スケッチ日和と言えそうな陽気。
用心して重ね着をして寒さに備えましたが、毛糸の帽子も手袋も脱いで描きました。

鶴見緑地はすでに何枚も描いていますが、今回は公園内にある農地のような一角を描くことに。
田舎に足を伸ばしたような、ちょっと得した気分です。


「鶴見緑地Ⅳ」 F8号
鶴見緑地Ⅳ.jpg
nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -